海外FXの税金シミュレーション(法人税、住民税)

まず始めに、兼業トレーダーか、それとも専業トレーダーかを選択してから入力下さい。

会社員の収入

額面金額(源泉徴収の左上)
万円

海外FXの取引利益

スプレッドや手数料を引いた利益
万円

海外FXの経費

PC,スマホの通信費や本や勉強会の費用
万円

扶養家族

16歳〜22歳の親族の人数(アルバイトなどで103万円以上もらっている場合は除く)

70歳以上の親族の人数(年間所得38万を超えている場合は除く)

結果


給与額0
給与所得0
海外FXの所得0
合計所得額0
控除額0
控除後の所得額0
手取り収入0
所得税住民税
00
(内、海外FXの所得税0(内、海外FXの住民税0
生命保険、個人年金、介護保険、地震保険料を控除した場合
所得税住民税
00
(内、海外FXの所得税0(内、海外FXの住民税0
さらに、ふるさと納税(寄付金控除)を控除した場合
所得税住民税
00
(内、海外FXの所得税0(内、海外FXの住民税0

  • 各種項目は、令和2年分(2020年)の計算方法を採用しており、おおよその数値を示す目安となっています。
  • 実際の計算方法は海外FXの確定申告方法のページをご覧ください。
  • 「住民税推定額」は前年の所得金額を今年分と同じ金額であるものとして算出しています。
  • 生命保険、個人年金、介護保険、地震保険料は合計で所得税17万円、住民税12万円の控除計算としています。
  • ふるさと納税は所得に対する最大金額(近似値)での計算になります。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました